作詞:BEGIN 作曲:BEGIN 

いつしか忘れられた オジーの形見の三線
床の間で誕生祝いの 島酒にもたれて
ほこりを指でなでて ゆるんだ糸を巻けば
退屈でたまらなかった 島唄が響いた 

鮮やかによみがえる あなたと過ごした日々は
やわらかな愛しさで この胸を突き破り
咲いたのは 三線の花

テレビの斜め向かいの あなたが居た場所に
座ればアルミの窓から 夕月が昇る
家族を眺めながら 飲む酒はどんな味
眠りにつく前の 唄は誰の唄
喜びも悲しみも いつの日か唄えるなら
この島の土の中 秋に泣き冬に耐え
春に咲く 三線の花

この空もあの海も 何も語りはしない
この島に暖かな 風となり雨を呼び
咲いたのは 三線の花
秋に泣き冬に耐え 春に咲く 三線の花


不知不覺間忘了 伯父遺留下來的三線
倚靠在壁龕上 用來慶祝生日的島上的酒 
用手指拂去灰塵 鬆馳的弦就會捲曲
無聊到極點 彈奏起島的歌謠

與你共渡的每一天 全都鮮明地浮現出來
溫和的愛 突破了我的心房
盛開了 三線之花 

電視機斜前面 是你一貫的座位
然而現在坐著的 是從鋁窗外照射進來的 黃昏昇起的月光
一邊凝視著家人 一邊喝的酒是怎樣的味道
臨死前的歌 是為誰而唱
不論喜悅不論悲傷 要說哪天才能歌唱的話
在這座島的土裡 哀悼深秋 忍受寒冬
在春天盛開 三線之花

這片天空那片大海 不發一語
這座島的溫暖 成為和風 招來細雨
盛開了 三線之花
哀悼深秋 忍受寒冬 在春天盛開 三線之花

創作者介紹
創作者 slowdance 的頭像
slowdance

充滿幻覺的輕浮時代

slowdance 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()